新規就農水と将来性と課題に関して

新たに農業を始める方が増えていますが、その大部分が若者のようです。脱サラをして飛び込む方が多いようですが、将来性がある反面、課題が多いことも事実です。納得する作物が出来るまでには十年以上かかることもありますし、失敗を重ねながら研究を積み重ねることが重要です。日本はTPP参加が決まっていますし、これからは外国から安い農作物が多く輸入されます。価格競争にさらされる訳ですから、より一層の努力が求められます。新規就農で課題になるのが、資本金ではないでしょうか。農業を始めるにあたっては、様々な機械が必要です。それらは高額ですが、そんな時には国の補助金制度を活用して下さい。新規就農を支援する仕組みとして、あらゆる補助金制度が用意されています。役所の担当課に尋ねると、詳しく教えてくれるはずです。やればやるだけ収入になる仕事です。

新規就農は、初めて農業事業を行う事です

新規就農とは、今まで農業を行った事がない人が新しく農業経営に従事する事です。農業は、土と触れる楽しさや農作物を作り出す生きがいのある職種です。それでも重労働の仕事の為に過疎地等では、高齢者が労働を行っている実態があります。そんな未来の農業を支える新規就農の存在です。一般的に農業法人へ就職するのではなく、個人で農業事業を行う事を示します。つまり、経営者として農業を行う事業主になる事です。ですから農業事業を行う為の資金や人材、設備投資が必要になります。そのサポートには、新規就農の捕縄金貸付制度を行っている団体や公共機関があります。それでも新しく農業事業を行うには、経営のノウハウや農業知識が必要です。また農村地域に居住して、農地の確保や農耕を行う機械設備も重要な事柄です。技術のノウハウも求められる農業事業には、心強いバックアップが求められる仕事です。

新規就農事業に取り組む作業として

近年、農家の減少で過疎化が進むことで様々な地域で支援があります。新しい地域で新しい取り組みをしたいと希望する方も多く移住者を募集している地域での新規就農事業に取り組む方々も少なくありません。探し方は希望する農業の種類や地域、仕事の仕方、支援事業などで検索するとたくさんの地域事業が出てくるので参考になります。また、役場が窓口になっていることも多いので問い合わせすると良いでしょう。農業を自分で1から始める方も多いですが、中々初期投資などの問題や農業のやり方などの問題もありますので地域就農支援などを利用することをお勧めします。元々の農家ですと土地ややり方などの知識もあるので新規で頑張ることも可能かと考えられます。人口が減り過疎化が進むことを防ぐ取り組みとして教わりながら新しいことに挑戦することも楽しいかもしれません。

就農活動中の方のご相談に応じております。 日本の農業を盛り上げたいと思う方をサポート致します。農業転職でお悩み事があればご相談ください。 お得なお役立ち情報メールを受け取ることができます。 非公開の農業求人情報を多数取り扱っております。 ワーキングホリデーとして農業体験しませんか? 長期・短期両方の農業のお仕事をご紹介します。農業求人のことならお任せください。 新規就農をお探しならここで検索!